吃音の克服で知っておきたい!治療するほど悪化する秘密とは…

htrd_r

吃音を治そうとすればするほど
悪化するってどういうこと?
吃音には、原因が分かりづらくて
間違った治療法があるんだ。

「これで治る」って言われて
間違った治療法を試している人が
沢山いるんだよ。

間違った治療法をすると
治らないよね。
治らないどころか
吃音が悪化してしまうんだ。
その秘密はね…

 

吃音を治そうとするほど悪化する秘密とは…

吃音の間違った治療法って
具体的にどういうのがあるの?
簡単で一般的なのが
腹式呼吸、音読、発声練習とかがあるよ。

腹式呼吸は、リラックスするには効果的だけど
吃音の根本的な解決にはならないんだ。

あ、音読や発声練習は
やったことがあるよ。

友達で「吃音を治す為に沢山話す!」
って言っていた人がいるんだ。

学校の先生とか非吃音者は
「音読や発声練習をしろ」
って言うけど…

学校の先生とか非吃音者は
「滑舌が悪いからだ」
「読む練習が足りないから」とか言うよね。

でも、それは「言葉が出ない」という
表面的な現象を見ていっているだけだよ。

表面的な治療だけしても
治らないどころか悪化してしまうんだ。

表面的な治療だけでは治らないの?
そうだよ。
例えば薬をどれだけ飲んでも
生活習慣が悪ければ
病気は再発してしまうでしょ?

再発するどころか、副作用も出てしまう…

同じように表面上の治療をしても
根本的な治療をしないと治らないんだ。

薬と吃音の関係を比べてみると

薬=表面的な治療=音読、発声練習
副作用=悪化=吃音の悪化
生活習慣=根本的な治療

っていう関係になるよ。

そうなんだ。
でも、どうして音読や発声練習が
吃音を悪化させてしまうの?
それは、根本的な治療をしないで
音読や発声練習をするとどうなると思う?
やっぱり、どもりながらも
無理に話そうとするよね。
それが問題なんだ。

どもったり無理に話そうとすると
「私は吃音を持っている」と言う事を
脳に刻み込んでしまうんだよ。

そんな悪いイメージを刻み込んでしまう
音読や発声練習を続けたら
どうなると思う?

繰り返すから、どんどん悪いイメージが
脳に刻み込まれるよね。

そして、「私は吃音者だ」
というイメージが根付いてしまい
吃音が悪化すると思う。

そうだよ。

非吃音者は吃音者と非吃音者の違い
分からないから
間違った治療法をやってしまうんだ。

吃音者と非吃音者の違いってなに?
違いを知れば吃音を克服する
鍵になると思うな。
じゃあ吃音者と非吃音者の違いを
↓の記事で見てみると良いよ。

「吃音者と非吃音者の
隠されてきた真の違いとは…」の記事はこちら

ありがとう!
「吃音を治そうとすると
悪化する」ならどうすれば良いのかな?
確かに間違った治療法では
治らないけど正しい治療法をやれば
簡単に治すことができるんだよ。
なに、それ!?
正しい治療法を教えて欲しいな。
実は、吃音を治そうとしない
治療法があるんだ。

それなら吃音を無理に治そうとしないから
簡単に治すことができるよ。

治そうとしない治療法ってなに?笑
ちょっと矛盾しているように感じる。
それは、夢中になる治療法って言うんだよ。
夢中になる治療法?
それってどういうものなの?笑
ここで話したら長くなるから
↓の記事で見てみてね。

「吃音を克服する唯一の方法!
夢中になる治療法とは…」の記事はこちら

まとめ

吃音は、治そうとして
音読や発声練習をすると
悪化してしまうので気をつけて下さい。

吃音を治そうとしない
夢中になる治療法で今までの悩みから
解き放たれましょう^^

1 2…>>>次のページへ

コメントを残す