吃音症で3つの本当の原因を解明②隠されてきた真実とは…

rweh_r

前は、吃音の原因が体質だと分かったね。
吃音の原因は1つだけなの?
いや、3つ原因があるから
後、2つも紹介していくね。
そうなんだ。
これから秘密を解明していく
楽しみだな。
これまで隠されてきた真実だから
しっかり聞いていってね。
吃音の後、2つの原因は…

 

吃音の本当の原因を発表!

前回の内容を
あんまり覚えてないんだけど…
結構、時間経ったからね。
じゃあ↓の記事で復習しておいて!

「吃音になる3つの本当の原因①
吃音は特別なことではない?」の記事はこちら

ありがとう^^
思い出したよ。
じゃあ吃音になった原因を
話していくね。

②深く考えすぎる

「深く考えすぎる」ってどういうこと?
吃音者だけでなく非吃音者も
緊張したらどもることってあるよね。

このどもる時の共通点が
「しっかり伝えなければいけない」
思っていることだよ。

確かに吃音者は
几帳面でしっかりした性格が多いかも。
うん。この「しっかり伝えなきゃ」
思いすぎることで無駄に不安を感じて
どもっちゃうんだよ。

吃音者は非吃音者との違いは
「伝えたい」という気持ちが強すぎて
緊張してしまう所にあるんだ。

そして、緊張してしまった結果
どもってしまったら

「どもっちゃダメだ」と
どもりを意識してしまう。

意識しすぎるから
頭の中が吃音でいっぱいになって
結果的に吃音が悪化しちゃうんだ。


スポンサードリンク

そうなんだ。
じゃあ吃音を意識しなければ良いの?
そうだね。
ここに吃音者と非吃音者の違いがあるよ。

非吃音者はどもっても
「あ、噛んじゃった」で終わる。

でも吃音者は深く考えすぎるから
「なんでどもっちゃったんだろう?」
「もう治らないのかな?」

「もし、ずっとこのままどもり続けたら…」
って考えすぎるんだ。

だから、吃音者は深く考えすぎて
吃音で悪化し
悩むようになるんだよ。

②子供時代のストレス

吃音者って、子供時代から
ずっとある人が多いよね。

「大人になってから
吃音者になった」って言う人は
あんまり聞かないし。

吃音の原因の一つに
子供時代に受けたストレスがあるよ。
でも、そんなの覚えてないな。
あったかな…
ほとんどの人は、ストレスは忘れちゃったけど
脳にはしっかり刻み込まれてるんだよ。

普段は意識しないけど、
学生時代の友達に会ったら
思い出がよみがえるとかあるじゃん?

そういう感じだよ。

それは、分かるな。
でも、どうして子供時代のストレスが
吃音の原因になっているの?
子供時代は、感情のコントロールができなくて
良い物も悪いものも取り入れてしまうんだ。

子供時代は、何でも口に入れてしまうけど
今は食べ物しか口に入れないでしょ?

このように子供時代には
良い物と悪い物の区別ができないから
ストレスも取り入れてしまうんだ。

そうなんだ。
ストレスを取り入れるから
吃音になるの?
昔、犬にかまれたから
ずっと動物嫌いみたいな人いるでしょ。

吃音も同じように話している時に
バカにされたり、

いじめられたりしたストレスが
言葉に影響を及ぼして吃音になるんだよ。

話している時にバカにされたら
吃音になるのは分かるよ。

だけど、どうしていじめられたら
吃音になるの?

それは、最初の話とつながってくるよ。
一つ目の原因を覚えている?
確か、体質だっけ?
お!しっかり覚えてるね^^
でも、もう一度↓の記事で復習しておいて。

「吃音になった3つの原因はなに?
原因の体質の秘密とは…」の記事はこちら

ありがとう、思い出した!
吃音の原因が体質ってあったけど
あれは、ストレスが言葉に影響を与える体質
とも言えるんだ。

だから、子供の時のストレスが
言葉に影響を及ぼして吃音になってしまうよ。

まとめ

吃音の原因は①吃音者になりやすい性格、
②深く考えすぎる
③子供時代のストレスですよ。

1 2…>>>次のページへ

コメントを残す