吃音治療は子供と大人で違うのか検証!見逃せない治療法を紹介

arg_r

吃音者は子供も大人もいます。
吃音は子供と大人で
どう違うのでしょうか?

この違いが分かれば
「吃音がどのように悪化するか」
「吃音治療の本質」が分かります。

・吃音で子供と大人の違い
・吃音者なら見逃せない治療法
を紹介します。

 

吃音で子供と大人の違い

子供と大人の違いは
「どれだけ吃音が習慣化しているか」
です。

「吃音は脳や発語器官が原因だから
子供とか大人とか関係ないんじゃないの?」
と、あなたは思うかもしれません。

まず吃音の原因をもう一度確認してください。
「吃音の3つの原因を遂に紹介!
隠されてきた真実とは」の記事はこちら

「原因は分かった!
でも吃音は習慣が問題なの?」
とあなたは感じるかもしれません。

これは「吃音者と非吃音者の違い」
確認すれば理解できます。

「吃音者と非吃音者の違い!
真の違いを発表」の記事はこちら

子供のうちは「どもっちゃった、まあ良いや」
くらいに思っています。

ですが大人になるに従い
吃音の失敗体験が積み重なり

「またどもった、生きていくのがつらい」
「吃音への悪いイメージ」
強くなっていきます。

吃音への悪いイメージが強くなると
さらに吃音は悪化します。

「緊張しないようにすればするほど
緊張してしまう」と同じ原理です。

吃音を治そうとしても
「どもらないようにすればするほど
どもってしまう」という性質もあるので
注意してください。

基本的に吃音者は
「子供ほど軽い、大人になるにつれて悪化する」
と考えてください。

吃音者なら見逃せない治療法

「大人になるにつれて悪化するなら
自分はもうダメかも…」と
あなたは思うかもしれません。

ですが正しい治療法をすれば
吃音は治ります。

正しい治療法をして
吃音が治った人は沢山います。

正しい治療法を知って欲しいので
↓の記事もご覧ください。

「吃音者は必見!
応急処置と根本治療」の記事はこちら

まとめ

子供と大人の吃音者の違いは
「吃音が習慣化しているかどうか」です。

どもる機会が増えると
吃音への悪いイメージが強くなります。
そして吃音も悪化するので注意してください。

「緊張しないようにすればするほど
緊張してしまう」と同じように

「どもらないようにすればするほど
どもってしまう」という性質があります。

吃音が治った人が沢山いるので
あなたも試してください。

コメントを残す