子供の「吃音の原因」は親なのか検証!子供と大人の吃音の違い

gsrth_r

吃音は、子供の時からある人がほとんどですよね。
「原因は何か?」
あなたが吃音なら考えた事もあるでしょう。

「吃音の原因」と
「子供と大人の吃音の違い」を紹介します。

 

子供の「吃音の原因」は親なのか

ほとんどの吃音者は、
3~5歳で発症します。

3~5歳に吃音が発症する子供は
20~30%です。

「20~30%って多すぎないか?」
と、あなたは思うかもしれません。

実は、幼児期の子供は
大人よりも吃音者が多いです。

幼児期は20~30%ですが
ほとんどは治り
大人の吃音者は1%です。

吃音の発症過程を詳しく知ってほしいので
↓の記事もご覧ください。

「吃音の発症過程を知りたい!
吃音が発症する2つの原因」の記事はこちら

「吃音が子供時代に発症する
理由」が分かりましたか?

確かに子供時代は、経験も少なく
感情のコントロールも未熟です。

それでも「吃音になる子供」と
「吃音にならない子供」がいますよね。
どこが違うのでしょうか?

これは、「根本的な吃音の原因」
知る事が大切です。

当てはまった子供は吃音になり
当てはまらない子供は吃音になりません。

あなたも吃音の原因を知れば
参考になると思います。

吃音になる原因を知ってほしいので
↓の記事もご覧ください。

「吃音になる根本的な3つの原因!
隠されてきた真実とは…」の記事はこちら 

よく「親が原因で吃音になった」
と言われますよね。

吃音の原因で親が関係するものは
「ストレス」です。

「親がストレスを与えたから子供は
吃音になったのか!」と
あなたは思うかもしれません。

ですが、親が原因とは言えないです。
「ストレス」は感じる子供もいれば
感じない子供もいます。

「走って来い!」と言われた子供がいるとします。
走るのが好きならストレスに感じません。
走るのが嫌いならストレスに感じます。

「沢山、ご飯を食べなさい!」と
言われた子供がいるとします。

食べるのが好きならストレスに感じません。
食べるのが嫌いならストレスに感じます。

同じように「吃音の原因のストレス」は
他人がコントロールできません。

「ストレスを感じるか、感じないか」は
本人の問題だからです。

ですから、「吃音になったのは親のせい」と
罪を感じる必要は、ありません。

たまたま、吃音になる原因が
重なったから吃音になっただけです。

吃音になったのを悲しむよりも
大切な事があります。
それは、「これからどうするか?」です。

「『吃音だから、もうダメだ…』と、あきらめる」のと
「『吃音なら、治せば良い』と努力する」のとでは
未来が180度、変わります。

子供と大人の吃音の違い

子供と大人の吃音の違いは
何だと思いますか?

原因も治し方も一緒です。
違いは習慣化されているかどうかです。

よく「鉄は熱いうちに打て」と言いますよね。
吃音も同じです。

吃音者として生きてきた年月が
長いほど吃音の習慣を
無くすのは難しいです。

吃音の対処法

吃音歴が長いほど
「吃音は悪化していく」のが普通です。

「吃音歴が長いと吃音は悪化するの?」
と、あなたは思うかもしれません。

吃音の性質を知ってほしいので
↓の記事もご覧ください。

「吃音が悪化する秘密を紹介!
2つの対策も知りたい」の記事はこちら

非吃音者として生きてきた人は
「言葉が詰まる」という習慣がありません。

吃音者として生きてきた人は
「言葉が詰まる」という習慣があります。

この染み付いた習慣を無くすのが
吃音治療で大切です。

むしろ「この違いが吃音者と非吃音者を
分ける」と言っても良いです。

あなたに吃音者と非吃音者の違いを
知って欲しいので↓の記事もご覧ください。

「吃音者と非吃音者の違いを
知りたい!」の記事はこちら

吃音者の感覚を非吃音者の感覚にするのが
吃音治療の本質と言ってもいいですね。

ですから、非吃音者と吃音者の違いを
しっかり抑えてください。

まとめ

吃音の原因は親ではありません。
「たまたま原因があったから
なってしまった」という認識で良いです。

「子供と大人の吃音の違い」は
「吃音が習慣化されているかどうか」です。

「『言葉が詰まる』という習慣、
感覚を無くしていく」のが
吃音治療では大切です。

コメントを残す