吃音を治したい!正しい訓練方法と間違った訓練方法を発表

gae_r

吃音は正しい訓練をすれば治ります。

間違った訓練をすると
治るどころか悪化するので
注意してください。

「正しい訓練」をしっかり覚えて
最短距離で吃音を治しましょう。

・間違った訓練に注意
・正しい訓練
を紹介します。

 

間違った訓練に注意

あなたは「間違った訓練」と
言われて何を思い浮かべますか?
それは音読です。

「音読を沢山やっている!」
とあなたは思うかもしれません。

ですが音読は
「吃音を脳に刻み込む作業」なので
吃音が悪化してしまいます。

「自分は吃音者だ、
どもるのが当たり前」と

潜在意識に書き込まれるので
もうやらないでください。

「音読で吃音が悪化するの?
音読の恐怖を暴露」の記事はこちら

吃音者が無理やり話そうとするのは
足を骨折している人が
無理やり走ろうとしているのと同じです。

足を骨折しているのに
無理やり走ったら
悪化しますよね?

吃音も無理やり話そうとすると
悪化するので注意してください。

正しい訓練

「音読で治らないなら
どうすれば良いの?」と
あなたは思いますよね。

吃音を治すには
「吃音者と非吃音者の違い」
埋める事が大切です。

「勉強できない人」が
勉強できるようになる為に

「勉強できない人とできる人の違い」
を埋めるのと同じです。

「声が出るか出ないかじゃないの?」
とあなたは思うかもしれません。

ですがそれは表面的な違いです。
「根本に隠れている真の違い」
あるので見てみましょう。

「吃音者と非吃音者の違いは
コレだけ!」の記事はこちら

「吃音者と非吃音者の違いは分かった、
具体的にどうやって違いを埋めるの?」と
あなたは思いますよね。

「吃音の根本治療と応急処置」を
やってください。

「根本、表面」から同時に治療する事で
効率的に吃音を治せます。

「吃音で困っている人は必見!
吃音の根本治療と応急処置」の記事はこちら

正しい訓練をして
最短距離で吃音を治して下さい。

まとめ

音読は間違った訓練なので
もうやめてください。

吃音を治す為に
「吃音者と非吃音者の違い」を
埋めていきましょう。

「応急処置、根本治療」を同時にやる事で
効率よく吃音を治してください。

コメントを残す