言葉の繰り返しが吃音じゃない!吃音の真実と治療法を紹介

egar_r_r

「言葉を繰り返すのが
どもり、吃音でしょ?」
と言われた事がありますか?

非吃音者はほとんど
こう思っています。

ですが吃音の苦しみ
そこにはありません。

・本当の吃音とは
・効果的な吃音の治療法
を紹介します。

本当の吃音とは

吃音の症状は連発、伸発、難発の
3つがあります。

「吃音の3つの症状を解説!
吃音の本当の姿とは」の記事はこちら

非吃音者が認識できているのは
連発だけです。

だから「どもりって知っている?」と聞くと
「どもりって言葉を繰り返すあれでしょ?」と
言うんです。

吃音で苦しいのは
難発です。

吃音者は連発→伸発→難発と
変わっていきます。

中学生になる頃には
連発や伸発が無くなり
難発だけになります。

非吃音者は「言葉が出ない感覚」
体感レベルで理解できません。

ですから吃音の事を非吃音者に相談しても
「緊張しているだけでしょ?」
「ちゃんと考えてから話して」などと
言われます。

難発の感覚が分からない人に
相談しても意味が無いです。

病院に行っても
いいかげんな薬を出されて
悪化するだけな事もあります。

「病院に頼らない方が良い
2つの理由」の記事はこちら

これは「自転車に乗れる人」が
「自転車に乗れない人」に

「バランスを取れば良いんだよ」と
いうのと同じです。

こんな感覚的なアドバイスでは
自転車に乗れないですよね。

同じように
「吃音の感覚」が分からない人のアドバイスは
話半分に聞いてください。

効果的な吃音の治療法

「病院に行ってもダメなら
どうすればいいの?」と
思いますよね。

「実際に吃音を克服した人がいるメソッド」を
すれば大丈夫です。

机上の空論ではなく
実体験に基づいた物なので
あなたの吃音にも効果があるでしょう。

簡単にできるので
一度やってみてください。

「吃音で困っている人必見!
吃音の応急処置と根本治療」の記事はこちら

まとめ

非吃音者は
言葉が出ない感覚を
体感レベルで分かりません。

言葉を繰り返すのは
吃音の初期状態です。

机上の空論ではなく
実践的なメソッドで
吃音を治療してください。

コメントを残す