吃音を音楽療法で治す方法!歌で治る人と治らない人の違い

haerj_r_r

「歌で吃音は治る」と
あなたは思いますか?

「治る」とも「治らない」とも言えます。
「どっちなんだよ!」と
あなたは思いますよね。

「歌で吃音を克服した有名人」はいますが
単に腹式呼吸をするだけでは
治りません。

「歌で治る人」と
「歌で治らない人」の違いを
詳しく紹介します。

 

歌で吃音が治る人

歌で吃音が治る人は
歌に夢中になった人です。

「歌って楽しいな。
吃音なんて考える暇は無い」
夢中になると

吃音の存在がその人の中から薄れて
消えてなくなります。

「過去の嫌な思い出」が
時間が経つにつれ
忘れていくイメージです。

「昔は吃音で苦しんでいたけど
今は吃音を考える暇があれば
歌に集中したい。

吃音を考える時間が減ったから
吃音の症状も改善、克服した」
というイメージです。

「どういう事?」と
あなたは思うかもしれません。

実際に「歌で吃音が治った有名人」
見るのが分かりやすいです。

「歌で吃音が治った有名人を発表!
歌で吃音を治療する方法」の記事はこちら

歌で吃音が治らない人

「吃音を一時的に出なくしたいから
歌うように話す」というのは
治りません。

表面的に治ったようでも
根本治療をしないと
吃音は治らないです。

「吃音の応急処置」は一時的に役立ちますが
「根本治療」をしないと
「本当の克服」はできません。

「応急処置と根本治療」
バランス良く組み合わせるのが大切です。

「応急処置と根本治療」を
知って欲しいので
↓の記事もご覧ください。

「吃音者必見!
吃音の応急処置と
根本治療」の記事はこちら

まとめ

「歌で吃音が治る人」は
歌に夢中になって

「歌って楽しいな。
吃音の事を考える暇があったら
歌に集中したい」と

自分の中から「吃音の存在」を
薄めていく人です。

「歌で吃音が治らない人」は
「一時的に吃音が出なくする為に
歌を使おう」と表面的に考える人です。

応急処置だけでなく
根本治療をする事が大切です。

コメントを残す