大人の吃音の原因を知りたい!具体的な症状も発表します

faweh_r

どんな問題でも
解決する為に
原因を知る事が必要です。

「大人の吃音の原因」
何なのでしょうか?

子供も大人も
吃音の原因は一緒です。

吃音の症状は
具体的に決まっているのか
気になります。

・大人の吃音の原因
・あなたのどもりができるまで

・吃音の具体的な症状
を紹介します。

 

大人の吃音の原因

さっそく吃音の原因を見ていきましょう。
吃音は基本的に
子供時代に発症します。

「子供時代」に注目すると
根本的な原因が見えてきます。

実際に見てみましょう。
「吃音の3つの原因を発表!
真実はシンプルだった」の記事はこちら

「吃音の根本的な原因」は
子供と大人で一緒です。

ですが大人になるにつれて
吃音は悪化します。
なぜなのでしょうか?

その理由を見てみましょう。
「大人になるにつれて
吃音が悪化する本当の理由」の記事はこちら

あなたのどもりができるまで

吃音は特定の言葉が
特定の場面でどもる事です。

特定の言葉は
ア行、カ行など
人によって違います。

特定の場面は
基本的に人前です。

「人前ではどもらないけど
一人の方がどもる」という人もいます。
なぜこんなに違うのでしょうか?

「どもる言葉、場面は
本人の
それまでの人生経験が
作り出したから」
です。

「○○な場面でどもった」という経験があると
それが脳に刻み込まれ

「○○な場面=どもる」という
方程式ができあがります。

吃音の具体的な症状

吃音の症状は
連発’(レンパツ)、伸発(シンパツ)、
難発(ナンパツ)の3つがあります。

①連発

連発は音を繰り返す事です。
「おはよう」と言いたい時に
「お、お、おはよう」となります。

非吃音者はどもり=連発だと思っています。
非吃音者も緊張すると
連発になる事があります。

②伸発

伸発は音を伸ばす事です。
「おはよう」と言いたい時に
「おーはよう」となります。

③難発

難発は言葉が出ない事です。
「おはよう」と言いたい時に
「!っ!おっ!は…」となります。

大人になるにつれて連発→伸発→難発と
変わっていきます。

中学生になる頃には
ほとんどが難発になっています。

吃音の発症過程を見ておくと
参考になるでしょう。

「吃音の発症過程を発表!
衝撃の事実に驚き」の記事はこちら

まとめ

吃音の原因は
子供も大人も一緒です。

原因をしっかり知って
解決していきましょう。

どもる言葉、場面は
これまでの人生経験が作り出しています。

表面的な治療法ではなく
根本から吃音を治しましょう。
吃音の症状は主に3つあります。

症状を知っておくと
「吃音のこれまで見えなかった部分」が
見えてきます。

コメントを残す