大人の方が吃音を治療しにくい理由を発表!それでも光はある

gae_r

吃音は大人の方が治療しにくいです。
吃音の「ある特徴」が理由です。

この特徴を把握すれば
吃音が理解できるので
吃音治療がスムーズにできます。

・大人の方が吃音を治療しにくい理由!
・吃音者の光「正しい吃音治療」
を紹介します。

 

大人の方が吃音を治療しにくい理由!

大人の方が吃音が治りにくい理由は
「吃音の習慣化」があるからです。

よく野球などで
「間違ったフォームで練習していたら
そのフォームが当たり前になり
正しいフォームで投げられなくなった」って
ありますよね。

吃音はこれと同じです。
「間違った発声方法(どもり)をしていたら
どもるのが当たり前になり
普通に話せなくなった」という状態です。

どもる度に
「自分は吃音者だ」

話す前に「どもったらどうしよう」
話した後に「どもっていなかったかな?」
とずっと吃音を考えています。

「人間は想像した物を引き寄せる」と同じで
どもりを考えたらどもりを引き寄せて
悪化してしまいます。

ぶっちゃけ「吃音者と非吃音者の違い」は
「どもりへの認識」と言っても良いです。

「吃音者と非吃音者の違い」を
確認してみましょう。

「吃音者と非吃音者の違いを発表!
知る事が吃音治療の第一歩」
の記事はこちら

大人は子供より「自分は吃音者だ」
「吃音は悪い物だ」と思ってきた回数が多いです。

ですから吃音が習慣化して
子供よりも治りにくいです。

吃音者の光「正しい吃音治療」

「吃音者と非吃音者の違い」を知るのが
吃音知慮の第一歩です。

「吃音者と非吃音者の違い
=吃音の原因」
と言っても良いです。

続いて具体的な治療法を
見ていきましょう。

今まで原因が分からなかった時は
「発声器官かな、生まれつきなのかな、
舌の大きさが」とか色々考えてきたと思います。

ですがあなたは吃音の原因が
分かりましたよね?

「吃音に対する認識が
吃音の原因だったんだ」と分かれば
やるべき事はハッキリしました。

具体的な治療法を紹介します。
「吃音者は必見!
吃音の応急処置と根本治療」の記事はこちら

応急処置と根本治療のバランスが大切なので
根本治療をベースにして
緊急性がある時は応急処置をしてください。

まとめ

大人が子供より吃音が治りにくいのは
吃音が習慣化しているからです。

「吃音への思い」が子供より強いので
ちょっとした事では吃音が頭から離れません。

「j吃音に対する認識」を薄める為に
具体的な治療法をやってみてください。

コメントを残す