吃音者が輝く為に!理想の自分を演じる工夫方法

erg_r_r

吃音者は常に
話す事に不安があります。

これでは非吃音者の中では
埋もれてしまいがちです。

吃音者が輝く為には
ある工夫をする必要があります。

理想の自分(どもらない自分)を演じる工夫方法が
効果的なので紹介します。

 

理想の自分を演じるとは

「理想の自分を演じれば
どもらなくなります!」と言われても
ピンと来ないですよね。

もう少し詳しく説明します。
理想の自分はどんな自分ですか?

・自信がある
・人に影響力を持っている

・異性にモテモテ
・同性にも尊敬されている
などがあると思います。

一度メモ帳などに
書き出してください。

その自分を演じれば
どもらなくなります。

理想の自分は自信があって
どもっていないですよね?

吃音に注目しないで
理想の自分を演じる事
意識してください。

吃音なんて
気がついたら
無くなっていますから。

具体的にどんな方法なのか

「具体的にどうすればいいの?」
と思うかもしれません。
ステップ毎に紹介します。

①理想の自分を書き出す

まず「理想の自分の条件」を
紙やメモ帳に
書き出してみてみましょう。

スマホのアプリを使っても
良いです。

「○○ができれば良いな」
「○○の欠点を無くしたい」などです。
これを30個ほど書き出してください。

②知識をつける

実際に知識をつけましょう。
ネット検索や本などで
情報を集めてください。

例えば自信が欲しいなら
「自信をつける方法」と検索したり

Amazonで「自信」と検索して
本を買ってください。

③行動する

知識をつけたら
行動していきましょう。

失敗しても大きな損失が無いくらいの
小さなチャレンジをしてください。

この知識と行動を組み合わせれば
最短で理想の自分を演じられます。

理想の自分を演じていれば
だんだん「理想の自分が当たり前」と
脳や体に染み込んできます。

仮面をつけていたら
どんどん顔と一体化する
イメージですね。

理想の自分を演じる為の近道

「もうちょっと詳しく知りたい!」
と思うかもしれません。

効果的な方法があるので
紹介します。

「理想の自分を演じたい!
夢中になる治療法」の記事はこちら

まとめ

吃音者は理想の自分を演じる事で
自然とどもらなくなります。

「理想の自分になるステップ」を
しっかりやって
楽しく生きていきましょう。

「夢中になる治療法」は
理想の自分を演じるのに
役立ちます。

コメントを残す