吃音は差別用語なのか調査!差別されない唯一の方法

sabetu1_r

吃音で差別された事は
ありますか?

「気持ち悪い話し方しないで」
「早く話してよ!」など
一度くらい言われた事はあるでしょう。

いじめられたり
からかわれたりした事もあるかもしれません。

吃音者と差別
切っても切り離せないですよね。

・吃音は差別用語なのか
・差別されない唯一の方法
を見ていきましょう。

吃音は差別用語なのか

吃音は差別用語だと
思いますか?

「吃音で差別された事が
沢山ある、だから差別用語だ」
と思うかもしれません。

ですが吃音は差別用語ではありません。
ニュースや新聞でも
普通に使われています。

吃音に近い言葉で
差別用語があります。
「どもり、どもる」です。

これは差別用語で
教師、新聞、ニュースでは
使わないようにしています。

「差別されたくない、
もう嫌だ」と思いますよね。
実は差別されない方法があります。

差別されない唯一の方法

ぶっちゃけ吃音があれば
差別されます。

吃音者と非吃音者は
違うのですから。

違いがあるなら
差別して当然ですよね。

それなら違いを無くせば
良いです。

「吃音を無くすの?」と
驚くかもしれません。

吃音は治そうと思えば治せます。
正しい知識を得て
正しい方法でやれば簡単です。

吃音を治す方法を見てみましょう。
「吃音はもうさようなら!
応急処置と根本治療の最強コンビ」の記事はこちら

吃音を治せば
差別される事はありません。

違いが無いので
差別されようがないですよね。

吃音を治療法は
吃音が治るだけではありません。

あなたの長所が分かって
自信がつきます。

吃音で悩んでいるなら
一度やってみてください。

まとめ

吃音は差別用語ではありません。
「どもり、どもる」が
差別用語です。

吃音があれば
非吃音者と違うのですから
差別されて当然です。

差別されない為に
吃音を治しましょう。

正しい知識、方法があれば
あなたも吃音を治せます。

コメントを残す