吃音症で病院に行くよりすぐに改善する3つの治し方①

3257167i-crop_r

「明日、発表がある」など
すぐに吃音の対処法が
必要な時ってありますよね。

吃音者にとって
「大勢の前で発表するのは
地獄」と言ってもいいです。

話さなければいけない機会があると
「不安で胸がいっぱい」という時が
あなたもありませんか?

吃音を一時的に抑えるテクニックがあるので
紹介していきます。

 

吃音をすぐに改善する3つのテクニック

吃音の応急処置で大切なのは
吃音から意識をそらす、
他の物に意識を向ける事です。

①「自信があるふり」をする

吃音者は「吃音がバレないように」
「言葉が出てこなかったら、どうしよう…」

「どもったら、変な人に思われるのでは?」
と常に不安を抱えています。

ですから、不安を無くして
自信を持つ必要がありますよ。

「自信を持つには、どうすれば良いの?」
と、あなたは思うかもしれません。

それは、「自信があるふりをする」
ということです。

「落ち込んでいても笑っていると
楽しくなってくる」と言う事が
ありますよね。

これは楽しいふりをしていたら
本当に楽しくなってきた例です。

自信を付けるのも一緒で
「自信があるふりをする」と
自信が付いてきますよ^^

「具体的にどうすれば良いの?」
とあなたは言うかもしれません。

 猫背にならないように背筋を伸ばす

 無表情でなく笑顔でいる

 足を手のひら一個分~肩幅まで広げる
(できれば肩幅の広さが良い)

を意識してください。

「笑顔でいるって難しい!」
と、あなたは思うかもしれません。
私も初めは笑顔でいられませんでした(;^ω^)

「自分が好きな動物」や
「好きな事をやっている自分」を
イメージすると良いですよ。

それでも難しい時には
「目の前に『好きな動物』や『好きな人』が
いる」とイメージすれば自然に笑顔になれます^^

②笑ったり丹田を刺激する

どもりそうな時は、
「『どもりそう』という
嫌な感情」が浮かんできますよね。

そんな時は笑ったり丹田を刺激すると
緊張しなくなります。

「丹田ってなに?」と
あなたは言うかもしれません。

丹田はへその下3cmくらいの
所にありますよ。

ter_r

ここを軽く押すとお腹に横シワができて
笑うのと同じ効果があり
緊張がやわらぎます。

「丹田は生命をつかさどる、
気が集まる場所」とも言われていますよ。

他にも笑うのも
緊張を、ほぐすのに大切です。

よく大勢で笑っている人って
見かけませんか?
あれは緊張をほぐす効果があります。

あなたも「静かで緊張感がある」より
「みんな笑顔で穏やかな方」が
良いですよね?^^

「『丹田刺激』と『笑い』を
どう使い分ければ良いの?」と
あなたは思うかもしれません。

笑っても迷惑にならない場所では笑い、
静かな場所など笑えない時には
丹田刺激をしてください。

③どもりではなく成功している事を意識する

どもる時は、話す前から
「どもっている自分」を
予想してしまいますよね。

吃音は「どもらないように
意識すればするほど、どもる」という
性質があります。

「人間の脳はNOを認識できない」
という事が、原因ですよ。

「緊張しないようにすればするほど
緊張する」ってありますよね。

他にも「失敗しないようにすればするほど
失敗してしまう」というのが具体例です。

脳は、「失敗したくない→失敗」
「緊張したくない→緊張」と
自動的に変換します。

同じように「どもりたくない→どもる」
となってしまいますよ。

対策として「どもりたくない」ではなく
「上手くいく」と思ってください。

すると「上手くいく」に意識が向けられ
「緊張」「どもり」に意識が向きません。

ですから、「緊張」も「どもり」も
軽くなりますよ^^
もし「上手くいく」と思えなくても良いです。

「上手くいかない」と思っても
脳は「上手くいかない→上手くいく」に
変換するので。

他にも応急処置を知ってほしいので
↓の記事もご覧ください^^

「応急処置!吃音を3分で治す
3つの方法②」の記事はこちら

まとめ

吃音は、すぐに改善する直し方があるので
状況によって使い分けるようにしてください。

ですが、あくまで短期的な応急処置なので
根本的に治す事はできません。

短・中・長期的な側面から
根本的に治す方法を知ってほしいので
↓の記事もご覧ください^^

「応急処置では完全には治らない秘密って?
短・中・長期的な側面から
治す唯一の方法とは…」の記事はこちら

1 2…>>>次のページへ

コメントを残す