吃音、どもりは三歳の幼児から発症するの?吃音にならない工夫も

ger_r

子供時代は治療法も分からなく
吃音は大問題です。
どうすれば良いのでしょうか?

「吃音の発症過程」
「吃音にならない工夫」
する事が大切です。

子供だけでなく大人も参考になりますよ。

 

吃音が発症するのはいつから?

吃音って、いつから発症するの?
実は幼児期の3~5歳の時に発症するんだ。
小さい頃は赤ちゃん言葉とかで
上手く言葉を話せないでしょ?

その時に、赤ちゃん言葉を
親、友達、先生とかに

注意されたり、直されると
どうなると思う?

赤ちゃん言葉は、みんなそうだし
自然に直っていくものだよね。

だから、無理に直そうとすると
言葉を話す事に苦手意識を持ってしまうと思う。

そうだよね。

子供は人それぞれ体質も違って
体や心の不調が言葉に
影響を及ぼす体質の子供もいるんだ。

その子供たちが言葉に苦手意識を持ってしまうと
言葉の機能が悪化して
吃音になってしまうんだよ。

言葉に影響を及ぼす体質って
具体的にどういう人たちなの?
確かにこれは理解しにくいよね(・・;)
↓の記事で吃音になりやすい体質の事を
紹介するから見ておいて。

「吃音になるには必須の原因!
吃音になりやすい体質とは?」の記事はこちら

ありがとう!

「吃音になりやすい体質」がよく分かったよ。
でも、言葉を注意されたり治されたりした人が
吃音になるなら吃音者って少なすぎない?

吃音者の割合って
多くの人は知らないからね。

吃音者の割合は1%なんだ。
でも、3~5歳の時に発症する子供は
20~30%もいるんだよ。

どうして子供の時には
そんなに多くいるのに
吃音者の割合は1%なの?
1%というのは、
子供だけでなく大人も入れた人数なんだ。

3~5歳の時に吃音だった子供でも
吃音になりにくい体質だったら
自然に治っていくんだよ。

でも、吃音になりやすい体質や
他の原因もあったほとんどの子供は
ずっと吃音を背負っていくんだ。

そうなんだね。

じゃあ子供時代に
吃音になる原因があった子供は
ほとんどの人がそのまま吃音で苦しんでしまうんだ…

ほとんどの吃音者は
治す方法を知らないからね。

じゃあ、吃音にならないように工夫する方法も
紹介していくよ。

吃音が発症しないようにする2つの工夫

吃音は子供時代の周りの環境や
自分では変えられない体質によって
なってしまうんだね。

それなら、子供は何の罪も無いと思う。

吃音になりやすい体質は
親にも誰にも変えられないから
親も友達も誰も悪くないんだ。

だけど吃音者の子供を持った親は
苦しむ子供を見て
心配になったり責任を感じてしまうんだよ。

①間違った治療法による悪化を防ぐ

そんな時に発症しないようにする
工夫ってどういうことがあるの?
子供が、どもっていても
3~5歳なら
自然と治る可能性があるよ。

だから、無理に「ゆっくり話して」
「しっかり、しゃべってみて」とか
言い直させたり注意しない方が良いんだ。

そうやって間違った治療法をすると
悪化してしまうこともあるし。

治そうとしなかったら
自然に治ったのに

無理に治そうとしたから
吃音になってしまうこともあるから気をつけて。

他にも直接子供に言い直させようとしなくても
親が不安になっていたり困っていたら

子供は「自分のどこかが悪いのかな?」
って思ってしまうんだ。

それで、「言葉が上手く話せないのがいけないんだ」
って思い込んで吃音になってしまう事も
あるから親が不安な姿を見せない事も大切だよ。

↓の記事も見ておくと
間違った治療法を試して
悪化する危険を無くせるから見ておいてね。

「知らないと危険!
治そうとすればするほど
悪化する吃音の秘密とは…」の記事はこちら

②吃音の発症過程を知る

「吃音になった」という結果を見るのは簡単だけど
原因とか発症過程を知ることも大切だよね。
そうだね。

結果は簡単に見れるけど
さっきあった原因と発症過程を知ることで
吃音を解決する鍵を見つける事ができるよ^^

原因はさっき分かったけど
多くの人は発症過程を知らないよね。
吃音は、「気づいたら話せなくなっていた」
言う人が多いんだよ。

だから、発症過程も
ほとんどの人は分からないまま
吃音で苦しみ続けるんだ…

確かに原因も発症過程も分からなかったら
解決法も分からないよね。

発症過程は、吃音者だけでなく
吃音の子供を持った親も
知っておいた方が良いと思う。

そうだね。

吃音は周りの人からの理解されにくいから
一番の理解者である親も
知っておいた方が良いよ!

じゃあ、発症過程を知っておいて欲しいから
↓の記事も見ておいてね。

「吃音が発症する過程を徹底解明!
知らないと、こんなに損があるの…」の記事はこちら

まとめ

3~5歳の
幼児は20~30%が吃音で
ほとんどが自然に治っていきます。

間違った治療法をしなかったり
吃音の発症過程を知ること

吃音の子供はもちろん
大人も救うために大切ですね。

1 2…>>>次のページへ

コメントを残す