吃音の重度、軽度はどのように決まるのか調べてみた

eagr_r_r

「何も言えない時」もあれば
「なぜかスラスラ言葉が出る時」もあります。

このように
吃音にはがあります。

「一時的に軽くなる重くなる」だけでなく
重度の吃音の人もいれば
軽度の吃音の人もいます。

この違いはどこから生まれるのでしょうか?
真実はシンプルでした。

吃音の重度、軽度が決まる条件

吃音者は
言葉の波があります。

この波は
どうして生まれると思いますか?

吃音への認識が原因です。

「自分は吃音者だ」
「何も言えない」と思い込めば思い込むほど
吃音は重くなります。

「どもってもどもらなくてもどうでも良い」
「吃音なんて気にする暇が無い」と思えば
吃音は軽くなります。

「波がある理由」を
もう少し詳しく見てみましょう。

「吃音の波はこうしてできる!
吃音の原因も解説」の記事はこちら

「吃音への認識で重度、軽度が決まる」と
分かったらやる事は見えてきます。

「吃音を考える暇が無いくらい
夢中になる物を作る事」です。

吃音はあなたの頭の中に
これまでずっといました。

ちょっとしたポジティブ思考や
応急処置では
吃音を消せません。

少し時間はかかりますが
じっくりやっていきましょう。

「これで吃音が頭の中から消える!
夢中になる治療法」の記事はこちら

「治療法なんて
めんどくさい!」と
思うかもしれません。

確かに薬を飲んだりするのは
嫌ですよね。

ですが「夢中になる治療法」は
薬も使いませんし

むしろ「自分を好きになるトレーニング」
言っても良いです。

吃音治療を進めていくと
どんどん自分を好きになっていきます。

「吃音だから自分を好きになれる?
自分を好きになる3ステップ」の記事はこちら

まとめ

吃音の重度、軽度は
「吃音への認識」で決まります。

夢中になる治療法で
理想のあなたに近づきながら
吃音を直していきましょう。

コメントを残す